かつらを考えている人へ

かつらを作りたいと考えた時、どこでかつらを購入するかが問題になります。
大手かつらメーカーの直営サロン、理美容室、通信販売などが主な販売ルートです。
かつらは自分の頭と髪にフィットするかどうかが非常に重要なポイントですので、専門家に相談することをおすすめします。
また、どんなかつらでも髪に合わせてフィッティングやカット、セットが必要です。
通信販売で購入したかつらをそのまま被っても頭にフィットしません。微調整が必要です。

かつらには、完全オーダーメイドのフルオーダーウイッグ、セミオーダーウイッグ、既製ウイッグがあります。
かつらのかたちには、頭全体に被るタイプ(全頭かつら)、薄くなった部分だけをカバーするタイプ(部分かつら)、部分かつらには天頂部をカバーするタイプ、生え際をカバーするタイプなど数種類のタイプがあります。
髪質にも、人毛製、ナイロン毛製などがあり、メーカーによってその品質も異なります。
フルオーダーは頭の型取りをしてかつらをつくりますが、セミオーダーは数種類の頭型、サイズから自分の頭に近いかたちを選びます。
どちらも髪質、髪色を選ぶことができます。
フルオーダーなら髪色は自毛に合わせて作ることができます。
セミオーダーでも、白髪のミックス率を指定することができます。
既製品は、このように細かい指定はできません。

フルオーダーかつらの作る場合は、まず、サロンに出向いてカウンセリングをし、頭の型取りをします。
頭型にあわせて、オリジナルかつらが製作されます。
かつらができあがったら、後日サロンにてフィッティング、カット、セットが行われます。
セミオーダーかつらも型取り以外は、フルオーダーかつらと同じような工程です。

フルオーダーかつらとセミオーダーかつらの違いは、フィット感と、仕様の自由度です。
たまたま自分の頭の形が既存の型と合えばラッキーですが、フィット感を求めるならフルオーダーかつらがおすすめです。

かつらを作って、被ればそれでOKではありません。
かつらを被ってスタイリングする技術を身につけるのと身につけないのでは、かつらの値打ちが違ってきます。
かつらを被った状態でのスタイリング技術があるかないかは、かつらの品質よりも重要かもしれません。
かつらがからかわれる原因は、フィッティング、スタイリングが決まっていないからです。
最高級のかつらを作ったなら、是非この技術は身につけて欲しいと思います。
スタイリング技術は、一朝一夕に得られるものではありませんが、日々の習慣としてきちんとフィッティング、スタイリングをすること、専門家、技術者のアドバイスを得ることで、習得が可能です。